×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホトトギス 花通販大特集


花より今は、きれいな葉を楽しみたいホトトギスです。ホトトギス 黄花チャボカラス葉
価格: 630円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ユリ科ホトトギス属多年草。花に小紫点が多数あるので、これを鳥の“ホトトギス”の胸毛の斑点か、尾羽の白斑に見立ててこの名がある。「黄花チャボカラス葉」は黄花でカラス葉の葉とコントラストがきれい。そして、チャボタイプなので背が高くならない。花の時期にはこの色が少しボケる。【規格】9cmポット、現在高さ5cm。2芽入り。※花は終わりました。
Supported by 楽天ウェブサービス
【珍品】 黒花ホトトギス
価格: 1,260円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
山野草 【珍品】 黒花ホトトギス(ほととぎす) 9cmポット管理のポイント半日陰を好みあまり光線が強いと葉が焼けてしまいます。耐寒性はありますが冬は霜よけとして棚下で管理します。開花期は8?10月潅水は朝や夕方の涼しい時に行う。10月4日魅惑の山野草 青・紫で選ぶ ベランダで育てる 春で選ぶ
Supported by 楽天ウェブサービス
花より、きれいな葉を楽しみたいホトトギスです。ホトトギス 名月
価格: 525円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ユリ科ホトトギス属多年草。花に小紫点が多数あるので、これを鳥の“ホトトギス”の胸毛の斑点か、尾羽の白斑に見立ててこの名がある。「名月」は紺フクリンのように抜けたような白葉に深い緑のフクリンが際立つ。花の時期にはこの色が少しボケる。花色も深い紫色。【規格】9cmポット、現在高さ7cm。1芽入り。※花は終わりました。上部は枯れています。
Supported by 楽天ウェブサービス
花より今は、きれいな葉を楽しみたいホトトギスです。ホトトギス 金華山
価格: 630円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ユリ科ホトトギス属多年草。花に小紫点が多数あるので、これを鳥の“ホトトギス”の胸毛の斑点か、尾羽の白斑に見立ててこの名がある。「金華山」は古くから知られたホトトギスの斑入り品種。葉の全面が萌黄色で斑点が入る。花の時期にはこの色が少しボケる。花色も深い紫色。【規格】9cmポット、現在高さ12cm。2芽入り。 ※花は終わりました。
Supported by 楽天ウェブサービス
花より葉が美しいホトトギス斑入り ジョウロウホトトギス
価格: 1,890円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
ユリ科ホトトギス属の多年草。葉が垂れ下がって、風情のある草姿。【規格】10,5cmポット、高さ25cm位。斑の入り方はいろいろです。※現在、地上部は枯れています。 
Supported by 楽天ウェブサービス
花は終わりました秋風情のある山野草★*ホトトギス(紫)【10.5cmポット】
価格: 189円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
■花びらの紫色の斑点が鳥のホトトギスの羽模様に似ているところが名前の由来です。和の庭の風情に似合います。【学 名】Tricyrtis hirta【科属名】ユリ科ホトトギス属【分 類】耐寒性宿根草【別 名】時鳥草、杜鵑草【原産地】日本【開花期】8?11月【草 丈】0.3m?1.0m【置き場】真夏の日射しと乾燥が苦手です。半日陰で風通しのよい所を好みます。【水やり】乾燥にやや弱いので土の表面が乾きかけたらたっぷりと水を与えます。初冬に地上部が枯れた後は控えめに水やりします。■撮影日 9/29■苗の高さ 約22cm
Supported by 楽天ウェブサービス
白花ホトトギス
価格: 892円 レビュー評価:4.0 レビュー数:4
学名 Tricytis hirta Hook 分類 ユリ科ホトトギス属の多年草 開花期 9?10月 原産 園芸品種 山ホトトギスの白花です。路地植えでよく繁殖します。写真は09年6月5日。木の状態は季節により変化いたします。906b
Supported by 楽天ウェブサービス
黄花(ホトトギス)
価格: 945円 レビュー評価:1.0 レビュー数:1
山野草 キバナホトトギス 9cmポット管理のポイント半日陰を好みあまり光線が強いと葉が焼けてしまいます。耐寒性はありますが冬は霜よけとして棚下で管理します。開花期は8?10月潅水は朝や夕方の涼しい時に行う。
Supported by 楽天ウェブサービス
【スターリングシルバー】【ペンダント・ネックレス】スターリングシルバー 花札ペンダントトップ(4月藤・ホトトギス)(05P09Dec09)
価格: 2,400円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
【解説】花札(はなふだ)は、日本の伝統的カードゲームの一種であり「花かるた」とも呼ばれた。今では一般に花札といえば八八花のことで、一組48枚に、12か月折々の花が4枚ずつに書き込まれている。4月は「わがやどの池の藤波さきにけり山時鳥いつかきなかむ」で、古今集巻第三夏歌の冒頭にある歌である。読み人知らずといわれているが、一説には柿本人麿ともいわれている。時鳥は良く歌材になっているが、この歌は藤と合わせて詠まれているため格好の歌であったはずである。【DATA】幅:2cm、縦:3cm、厚み:1mm、重さ:9g材質:シルバー925*チェーンは別売りです。
Supported by 楽天ウェブサービス

フッター